ネット広告マンが語る業界の真実

インターネット広告代理店の業務内容や、新卒・中途向けの業界情報など、就職活動、転職活動向けの情報を発信。

【代理店マン目線】セプテーニへの就職

セプテーニ

セプテーニについて

Yahoo代理店制度

セプテーニはトランスコスモス、オプトと並んでプラチナランクに属しています。こちらの記事でも紹介しましたが、プラチナランクは大手扱いで問題ないです。セプテーニは間違いなく大手インターネット広告代理店なので、この業界を目指す場合は必ず候補に入れましょう。

セプテーニホールディングスで見ると、アジア、アメリカ、ヨーロッパなどの海外に展開をしていたり、電子書籍サービス「GANMA!」を運営しているコミットスマートなども傘下にいます。

またセプテーニは昨年、従業員の年収を平均120%アップしたことで業界内では大きな話題を生みました。

www.nikkei.com


セプテーニのイメージ

完全に主観です。オプトの紹介でも記載しましたが、主観なので許してください。

ヒエラルキー

Yahoo代理店制度ではトラコス、オプトと並びプラチナとなっていますが、なぜ私の主観ではセプテーニが一つ抜けているのでしょうか。その理由は、セプテーニがソーシャル・アプリ広告に非常に強いからです。

具体的な数字はありませんがセプテーニのFacebookの売上はトラコス、オプトと比べると一線を画しています。昨今色々なアプリやWebサービスが世に出回る中で、スマホ向け広告に強いのは非常に重要ですよね。そのため、こういった順位付けとしています。

そんなセプテーニのイメージは真っ向から勝負を仕掛けるイメージです。


クリエイティブの真っ向勝負!

スマートフォン向け広告はとにかくクリエイティブの良し悪しの世界です。もちろん市場・ターゲット戦略も大事ですが、やはりクリエイティブが一番なのです。そのためこちらの記事で紹介したオプトのように、Webマーケティング全体を最適化していくという考え方よりも、とにかく良いクリエイティブの探求、それがWebマーケティング全体を良くしていくという考え方なイメージです。

そのためデザインや広告訴求、PDCAの回し方など、様々なノウハウが蓄積されていること間違いなしです。オプトのように、どかーん!みたいな感じではなく、コツコツ良くしていく人の方がおすすめなんじゃないかなと思います。


おすすめする人・しない人

セプテーニをおすすめできる人

市場での立ち位置や給与改定などもあり、個人的には多くの人にセプテーニはおすすめできると思います。オプト同様、意識が高い人ももちろん多いですが、それはご愛嬌です。またソーシャル・アプリに強いので、そういうスマートフォンコンテンツが好きな人は良いのかな~とも思います。

他にもセプテーニがソーシャル・アプリ領域で上位にいられているのは、先見性だと考えています。これは流行る!ということに対してしっかり時間とお金を投資し、負けないノウハウを作り上げるのが上手なイメージです。そういったことに興味を持たれる方も、セプテーニはおすすめといえます。


おすすめできない人

うーん特にいないですが、やっぱりクリエイティブ、PDCAありきな気が拭えません。オプトの良さであるWebマーケティング全般の提案に弱いイメージで、Webマーケティング全体の戦略を立てていきたい!という人は不向きなのかなと思います。あくまでイメージなので参考までに。


2017年~2018年は業績不振

就職先の候補に入れても大丈夫?

また直近、セプテーニの業績はかなり不振です。

gamebiz.jp

人件費増や事務所増床が要因とのこと。IRを見れば分かるのですが収益(≒売上)はあがっていますね。つまり売上はあがっているけど、それに伴って販管費(経費)が増えているということ。決算的にこうなる要因は大きく2あって、1つが単純に経営がうまくいっていない時、もう1つが企業として成長するための投資をしている時です。この投資が失敗に終わると前者になってしまう、というイメージです。

ただセプテーニはSNSやアプリ広告専門の組織を、どの企業よりも先駆けて構築(投資)し成功した実績があるので、今回の組織投資も成功するのではと思っています。

それでも不安と思う方は、たぶんセプテーニどころか広告業界への転職を辞めたほうが良いです。とにかく移り変わりの激しい業界なので、たった四半期・半年の失敗なんてすぐにリカバリーできるのです。

なので、直近の業績不振は未来への投資。もしかしたらこのタイミングで入社すれば、2~3年後は更に良い環境に進化しているかもしれませんね!