ネット広告マンが語る業界の真実

インターネット広告代理店の業務内容や、新卒・中途向けの業界情報など、就職活動、転職活動向けの情報を発信。

インターネット広告代理店の労働時間は?先週一週間振り返ってみた

残業

採用ページによくある「一日のスケジュール」

その会社で勤めるにあたって、やはり一日の勤務時間、平均残業時間は気になるところです。電通の過労死事件もあり、「広告代理店に就職する!」と言ったら親は心配しちゃいますよね。実際、自分もあの事件後、親から連絡があり辛かったら家に帰ってきてもいいんだよと温かい声をかけてもらいました(´;ω;`)

企業としても、激務が要因で採用人数を減らしたくないわけなので、よく採用ページに代表社員の一日のスケジュールを載せたりしますよね。

実際、あの一日のスケジュールの信ぴょう性をお話ししたいと思います。まずは各社の一日のスケジュールを紹介します。


「DAサーチ&リンク」の一日

9:30 出社
10:00 レポーティング作業
10:30 入稿依頼
12:00 ランチ
13:00 セミナー出席
17:30 帰社
18:30 掲載確認
19:00 退社

【採用特設サイト】社員の声 | 株式会社DAサーチ&リンク

毎日19:00に退社しています。とコメントにも記載されています。すごい優良企業ですね。素晴らしい。

ちなみにVolkersだと平均残業時間は57.5hとなっていますw

ひと月20営業日だとしたら平均3時間残業をしている計算に。勤務時間はマイナビで9:30~17:30となっているので、平均して20:30くらいまで残業をすることがあるんですね~。それでも、個人的にはかなり残業時間が短い気がしますね!素晴らしい。

ただ、営業機会を見つけにセミナーに高頻度で参加する人はいますが、情報のインプット目的で毎日セミナーには参加しないと思いますけどね。良さげな一日だけピックアップしている印象を受けました。


「オプト」の一日

9:30 出社?&会議
10:30 会議
12:00 ランチ
13:00 外出
16:00 メンバーと進捗確認会議
17:00 資料作成
18:00 会議
20:00 会食へ

オプト・アカウントプランナーインタビュー


結構会議続きですね。こちらは営業さんの一日らしいのですが、結構リアリティある気がします。殆どの広告代理店は1人につき、複数のお客さんを持つことが多いため、いろいろなことが同時並行で進捗していきます。そのため定時内は会議におわれ、定時外で資料作成することがほとんどです・・・。


「アイレップ」の一日

9:00 出社&メールチェック
10:00 会議
12:00 ランチ
14:00 博報堂で会議
16:00 クライアントと打ち合わせ
17:00 資料作成
18:00 DACで会議
20:00 仲間と飲み会

佐藤翔 | 社員紹介 | アイレップ新卒採用ホームページ


ここぞとばかりに博報堂と一緒に仕事やってまっせアピールしていますね。この方もアカウントエグゼクティブのようですが、本当に20時に帰れてるんですかね・・・。弊社のアカウントエグゼクティブは遅いと終電まで、早くて20時くらいという印象です。もちろん予定がある人は定時に帰っていきますが。


先週一週間、振り返ってみた!

ということで、自分の先週一週間を振り返ってみました。バレない程度に多少嘘も含まれていますが、採用サイトにある一日のスケジュールに比べれば信憑性は高いと思います。

(※2018年1月22日月曜日、東京では雪が降りました。)

月曜日

9:00 出社&メールチェック
10:00 資料作成
12:00 お昼(コンビニ)
12:30 細かいタスク処理
14:00 会議
17:00 資料作成
19:00 退社

火曜日

8:30 出社&メールチェック
9:00 資料作成
11:00 クライアントと打ち合わせ
14:00 お昼(コンビニ)
14:30 ToDo整理&細かいタスク処理
15:00 資料作成
17:00 会議
20:00 資料作成
22:00 退社

水曜日

8:30 出社&メールチェック
9:00 資料作成
10:00 会議
12:00 お昼(コンビニ)
12:30 細かいタスク処理
13:00 資料作成
15:00 会議
20:00 資料作成
21:30 退社

木曜日

8:00 出社&メールチェック
8:30 資料作成
11:00 会議
11:30 資料作成
13:00 会議
13:30 お昼(コンビニ)
14:00 資料作成
24:00 退社

金曜日

8:30 出社&メールチェック
9:00 資料作成
10:00 クライアントとの打ち合わせ1
12:00 クライアントとの打ち合わせ2
14:00 お昼(ファミレスで仕事しながら)
15:00 お客さんとの打ち合わせ3
17:00 会議
18:00 残務処理
20:00 お客さんと会食へ


イケイケしていない。実は細かい仕事が超多い

実際イケイケしてるような仕事なんて全体の業務量の1割程度で、自分の場合は今週、金曜日に大事なアポが3つ重なってしまったせいで、一週間通して必死に資料作成をしていました。

またここには記載できない細かい業務、例えばOJTでの教育や、質問、問い合わせでの回答、クライアントとのメール・電話でのやりとりなどなど、事細かに書こうとすると、ものすごく長くなってしまいます。(今度そんな記事書いてみよう)

また私の場合は大体、月で平均45時間~60時間くらい残業しています。一応管理職なのでメンバーの残業時間も見れるのですが、大体みんなそれくらいですね。短い人で30時間くらい。入社したての人で15時間くらい。忙しそうな人で60時間~80時間ですかね。

私は今の会社では最大で90時間残業をしたことがありますが、超激務なSEや制作会社に比べると軽いほうなのかな~と思ってます。幸いにもまだ過重労働によって体調を壊したことはありません。

たぶん、100時間を超えない限り体調は崩さない気がします。目にクマはできるし、眠いけど。ただ精神的なダメージは大きい気がしますね。精神的なダメージ⇒免疫力の低下⇒身体的なダメージなんじゃないかなぁ。高いモチベーションを持っていれば体は壊しません!(精神論)

今の会社ではないですが、最大160時間残業をしたこともあります。毎日会社止まってましたw。シャワーがあったので、服を持って行って、住み込んでいましたね。もはや残業とは言えない気がしますが。でも楽しかったので、結果的に体調は崩さなかったですね。


結論、けっこう働きます

正直毎日定時に帰れるということはないと思います。よくて平均1時間/日、月で20~30時間くらいは覚悟しておいたほうがいいです。また、ネット関連企業は「みなし残業」を導入している企業が多いので、勤務体系はしっかりチェックしましょう。

みなし60時間、とされていると、なかなか超えることが難しいと思います。特に電通の影響もあって、22時前に強制退社させる企業も出てきているくらいです。電通系はほとんどそうらしいですね。

また営業、プランナー、デザイナー、エンジニア、などなど、職種によっても残業時間は様々なので、やはり一番はOB訪問など、生の社員の声を聞くのが一番だと思います。