ネット広告マンが語る業界の真実

インターネット広告代理店の業務内容や、新卒・中途向けの業界情報など、就職活動、転職活動向けの情報を発信。

意外と薄給!?インターネット広告代理店の年収【2017年度版】

年収

大手代理店の年収を調べてみた

みなさん就職活動前に色々なサイトなどで各社の年収を調べると思います。今回は前回記事で紹介した大手代理店の年収をカイシャの評判で、給与に対する満足度をVolkersを使って調べてみました。

ちなみにご参考までに、2016年の東京都20代の平均年収は下記の通りです。*1

【男性】

  • 23歳:332万円
  • 24歳:358万円
  • 25歳:386万円
  • 26歳:415万円
  • 27歳:444万円
  • 28歳:471万円
  • 29歳:493万円

【女性】

  • 23歳:309万円
  • 24歳:328万円
  • 25歳:348万円
  • 26歳:369万円
  • 27歳:390万円
  • 28歳:406万円
  • 29歳:418万円


サイバーエージェント

カイシャの評判
回答年齢  :28.3歳
平均年収  :561万円

Volkers
待遇の満足度:3.4/5.0
全体の満足度:4.0/5.0

所感
さすがは最大手企業という感じです。正直ここは年収も高い、人材レベルも高い、非常に恵まれた環境となっています。やっぱりインターネット広告代理店マンを目指すならここを目指すべきです!


DAサーチ&リンク

カイシャの評判
回答年齢  :33.0歳
平均年収  :550万円

Volkers
待遇の満足度:3.0/5.0
全体の満足度:2.7/5.0

所感
電通の子会社なのにこの有り様w!平均年収は高いようですが、回答年齢も高めであるため新卒はあまり参考にしないほうがいいかもしれないですね。ちなみに33歳の東京都の男性の平均年収は580万円なので、平均以下ということですね・・・。「電通の子会社」というワードに騙されないように!


アイレップ

カイシャの評判
回答年齢  :27.1歳
平均年収  :400万円

Volkers
待遇の満足度:2.3/5.0
全体の満足度:3.2/5.0

所感
サイバーエージェントから雪崩のように落ちていきますね。年収が。やはり体育会系企業、年収が低くても気合で働けとのことなのでしょうか・・・。低い印象はありましたが、調べてみると改めてその低さを感じます。


セプテーニ

カイシャの評判
回答年齢  :26.1歳
平均年収  :459万円

Volkers
待遇の満足度:2.5/5.0
全体の満足度:3.6/5.0

所感
かなり回復しましたね!平均年収から見てもセプテーニは高いようです!セプテーニは2017年10月に従業員約680人を対象に、年収を2割上げたことでニュースになりましたね。恐らく、それからまだあまり時間は経っていないので、現在は平均500万前後で考えておくとよいかもしれません。


オプト(オプトHD)

カイシャの評判
回答年齢  :28.7歳
平均年収  :434万円

Volkers
待遇の満足度:2.0/5.0
全体の満足度:3.4/5.0

所感
うーん。まぁ妥当かな~。こんなもんだろというイメージ。そろそろお気づきですか?サイバーエージェント以外、この業界年収低いんですよ。


トランス・コスモス

カイシャの評判
回答年齢  :32.3歳
平均年収  :413万円

Volkers
待遇の満足度:2.2/5.0
全体の満足度:2.8/5.0

所感
きた!謎企業!トランス・コスモス!32.3歳で413万はやばすぎる!!!と思ったんですが、おそらくコールセンター事業などの口コミも含まれているため、多少低くなっているのでは?ただやっぱり口コミを見る限り、アイレップと同じくらい低いですね。


年収が低いのに、なぜ皆意識高いのw?

年収以上に価値のある経験

おそらく30歳までインターネット広告代理店で働くのと、そこらへんの商社、メーカーで働くのとでは、成長スピードが圧倒的に違います。個人的にもそれは感じていて、アラサーなりかけの自分に、こんなにも裁量権を持たせてもらえる経験は他ではできないでしょう。インターネット広告代理店の離職率は非常に高いですが、その分チャンスもあるのです。

半分くらいは、仕事が辛い、給与が低いなどのネガティブな理由で辞めていきますが、もう半分はインターネット広告代理店で培った知識・経験を元に、GoogleやAmazon、楽天をはじめ、コンサルティングファームや一流メーカーのマーケティング室などにステップアップしていくのです。


平均には注意!一つ一つの口コミに注目しよう

パレートの法則はご存知でしょうか。2:8の法則とも。極端な話、会社に優秀な奴は2割しかいないんですよ。

流石に極端すぎたか・・・

この記事も参考にしてみてください。
wired.jp

優秀な人材は15%・・・。更に少なく・・・。

ということはですよ、



8割は優秀ではない奴の口コミ
なんです。



私を参考にして下さいとまではいえませんが、私はここで紹介した平均年齢よりも低く、ここで紹介した平均年収よりも高い年収です。

それはなぜか。

たゆまぬ努力をし、組織に貢献して、着実に昇進していったからです。

一つ一つの口コミに注目してみてください。在籍期間が同じくらいでも、年収が高い人もチラホラ見受けられます。その組織で自分は勝ち抜けられるのか、今一度自分を見つめ直してみましょう。


20代の年収ではなく生涯年収で考えよう

インターネット広告代理店に入りたいと思うのであれば、目先の年収、入社時の条件などではなく、10年後の年収や生涯年収という軸で判断したほうが良いです。

もちろん2~3年で実績を積み、平均以上の年収を貰えることもあります。ただやはりインターネット広告代理店で働く意義はお金ではなく、そこで得られる知識・経験だと思います。自分自身、この歳でマネージメントや経営の一部に携われるとは思いませんでした。

インターネット広告代理店で定年まで働くことは正直現実的ではないと思います。踏み台くらいの気持ちでいた方が、ポジティブな気持ちで働けるのではないでしょうか。